おひさまパン

d0243756_10504454.jpg

こんな絵本があった!
寒い雪と風が世の彩りをうばい、みんながお日様を心待ちにしている中、パン屋さんが願いを込めておひさまぱんを焼きました。そしたら、本当に光り輝くおひさまが出て来て、みんなハッピーに。それからは曇っていてついた日にはみんなでおひさまぱんを焼いているというようなお話し。
パンでみんながハッピー♪の究極のカタチ、これはパン屋冥利に尽きるよね。子どもたちも大好きだけど、私も幸せになれる絵本です♡

訳し方が子ども向けっぽくなくて詩文のようなところがあるのだけど、雰囲気としてわかっているようだし、いろいろな語彙に触れるのはいいかな。

昨晩も読んで寝かしつけたら、今日はどんよりなお天気だということで生地を仕込んで冷蔵発酵しておきました♪
朝一から長男と一緒に作って焼けたー!
「ママ、すごい!(*⁰▿⁰*)」な一言に、パンが焼けてよかったぁ(^^)と素直に思った単純な母でした。

本には作り方も載っているし、内容からリッチなブリオッシュ。卵と牛乳と少し多めのバターで作ろうと思ったんだけど、黒豆シロップがまた残っていたので牛乳と卵カット(^^; 少し紅麹入れたら色が良くなるかなー?とふりふり入れてみたテキトーさf^_^;
そんなことより、自分で作って焼きたてホカホカを頬張れたら間違いなく「おいしー!」
[PR]
by millesourires | 2017-03-15 10:26 | パン・お菓子


完成形 >>